ビーナスラインで景色を楽しむならここ!!「霧ヶ峰富士見台」

特徴

ビーナスラインの途中にある「霧ヶ峰富士見台」は、その名の通り天気が良く、雲が少ない日には富士山が見える景勝スポットです。
南側に景観が開けており、北岳を始めとした南アルプスを見ることができ、天気が良い日はその先にある「富士山」も望むことができます。
駐車場には売店もあり、ちょっとした休憩やお土産を買い求めるのに丁度よい場所となっています。

注目ポイント

・天気が良い日に訪れたい。絶景「霧ヶ峰富士見台」
・長野が誇る名道「ビーナスライン」を堪能しよう。

駐車場&アクセス情報

最寄り高速道路からのアクセス

最寄り高速道路長野自動車道・岡谷ICより~25km
30km圏内の観光地諏訪湖
ビーナスライン

周辺駐車場情報

駐車場サイズ中型(10~50台)
バイク(2輪)専用駐車場なし
料金無料

ツーリング計画アドバイス

どんなツーリングルートが組める?

「霧ヶ峰富士見台」はビーナスライン上にあるので、ライダーが選ぶ名ワインディングロードランキングでも常に上位にいる「ビーナスライン」を巡る旅はいかがでしょうか?
ビーナスラインは霧ヶ峰高原を中心に3方向に道が伸びており、北 東 西となっています。
北側に抜けると中央アルプスを沿うように進むことができ、カーブが連なるいわゆる「峠道」を堪能することができます。北ルートは最も距離があるルートでもあります。
東側に抜けると観光地「白樺湖」があるため、ホテルや旅館といった宿泊所が多くあります。白樺湖の景色もなかなか良いので、休憩がてら景色を堪能することができます。
西側に抜けると、「諏訪湖」があり、こちらもホテルや旅館といった宿泊所が多くあります。中央自動車道「諏訪湖IC」もありますので、移動の拠点としても最適です。

実走レポート

有名になるということはそれなりに理由があるものです。ビーナスラインは場所、道のり、路面状況、景色、休憩スポット、どれを取っても高水準なものです。特に信州のイメージ(新緑とか高原とか)を存分に堪能することができるので、「信州に来たぞ!」と存分に感じられることも良い点ですね。
高原を走るときの注意点ですが、日の出ている時間とそうじゃない時間の温度差が大きく、天気も変わりやすい点です。雨に降られた際は雨雲レーダーを見るなどして、行動計画を立ててください。

周辺ツーリングスポット紹介

美ヶ原(~40km)

ビーナスラインのもう一つの絶景スポットは、ここ美ヶ原高原でしょう。
ビーナスラインを北側に抜けると、休憩所と駐車場を兼ねた場所があり、バイクを降りて景色を楽しむのにもってこいなスポットです。

諏訪湖(~40km)

中央自動車「諏訪IC」からも近く、アクセス性が良好な「諏訪湖」は長野県を巡る拠点としては最高の立地です。間欠泉などの名所もあり、訪れる価値あり!

感想

富士見台より高いものがなく、ここからの景色はすべて見下ろすものとなっており、中央アルプスの新緑の景色を存分に味わうことができました。
ここに至るまでのビーナスラインの道のりの途中にも、多数の展望台があり、向いている方向によってその表情を大きく変えます。

情報

住所 : 〒392-0008 長野県諏訪市大字四賀霧ケ峰 高原

※情報は記事執筆時点の情報になります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP