日本一青い田沢湖とのコントラストが記憶に残る「たつこ像」

特徴

秋田県仙北市にある田沢湖の湖畔にある「たつこ像」は、日本一の深さを誇る「田沢湖」の伝承、「辰子伝説」にまつわる観光スポットです。
永遠の美を求めて、湖の水を飲み干し竜となった伝説「辰子伝説」が残っている「田沢湖」ですが、伝説のモチーフとなった竜になった辰子を表した金色に輝く「たつこ像」が湖畔にあります。
田沢湖はその水深の深さから、日本一青い湖ともいわれております。金色に輝く「たつこ像」と日本一青い湖のコントラストを是非とも楽しんでください。

注目ポイント

日本一の青さを誇る「田沢湖」
金色に輝く「たつこ像」

駐車場&アクセス情報

最寄り高速道路からのアクセス

最寄り高速道路東北自動車道路・盛岡ICより~50km
30km圏内の観光地八幡平

周辺駐車場情報

駐車場サイズ小型(10台未満)
バイク(2輪)専用駐車場なし
料金無料

無料の駐車場はたつこ像から200mほど離れた公衆トイレわきの駐車場

ツーリング計画アドバイス

どんなツーリングルートが組める?

秋田県の中央部に位置する「田沢湖」は、湖畔周辺には観光スポットがありますが、周辺地域には観光地が少ない印象です。
もし他の秋田県のツーリングスポットに日帰りで行きたい場合は、少し距離がありますが、男鹿半島などはいかがでしょうか?
秋田県を含む東北の県の特徴として、”南北に長い”という特徴があります。秋田県の北部にある八幡平アスピーテラインや、南部にある鳥海ブルーラインに日帰りで行くには、工夫が必要ですので注意してください。

実走レポート

たつこ像周辺の駐車場ですが、私が調べた限り、無料で開放されているのは公共で運営されているトイレ脇にある駐車場のみだと思います。
平日や早朝など人通り少ない時間なら、駐車場が空いていると思いますが、休日などはほぼ埋まっていることが予想されます。
たつこ像に立ち寄る方は駐車場に注意してください。

周辺ツーリングスポット紹介

道の駅「あきた港」(~50km)

男鹿半島に向かわれる方は、ここ道の駅「あきた港」に立ち寄り、休憩がてら道の駅を探索することをオススメいたします。
売店だけではない道の駅「あきた港」の魅力は下記リンクをチェック!!

八幡平アスピーテライン(~40km)

日帰りで向かうには少し難しい距離ですが、泊りの方や時間に余裕がある方は、八幡平アスピーテラインをツーリングルートに含めてみてください。
過去に噴火してから現在まで、草木が生えないその地形は一見の価値ありです。

感想

私が訪れたときは、快晴の日でしたので、空の青さ、湖の青さ、そしてたつこ像の金色に輝く姿は、印象に残るものでした。
もし、売店やお土産屋に立ち寄る予定がない方は、朝方に向かわれることをオススメします。日が浅い時間帯は、太陽光の入射角が低く様々なものが光り輝く時間帯です。
田沢湖畔を巡る道路も湖と山を眺めながら走れる絶景ロードですので、こちらもご一緒に!

情報

住所 : 〒014-0511 秋田県仙北市 西木町 西明寺 字潟尻
料金 : 無料

※情報は記事執筆時点の情報になります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP